So-net無料ブログ作成
検索選択

リキッドアイライナーテク

「スポンサーリンク」


目元を印象づけるメイクに
欠かせないアイテムがリキッドアイライナー。


ツヤやかなラインで目のキワを引き締めれば、
周りの目をひきつけます!



描くのが難しいからと
敬遠されがちなリキッドアイライナーですが、
ポイントさえおさえておけばあとは「慣れ」。

練習次第で誰にでも素早く描けるようになります。


ここではアイラインの基本的入れ方と、
「見せる」「隠す」2種類のリキッドアイライナーの
使い方を紹介します。この機会に練習してみてください。



まずは基本のアイラインを確認


【1】ラインは
まつげの生え際を結んだ線上にあることが基本。


【2】まぶたの内側の粘膜の部分には
ラインを入れないこと。

ここにラインを入れてしまうと、
目を小さく見せてしまうだけでなく、
目のトラブルにつながることも多いので注意!


【3】不自然なハネ上げは時代遅れ。

目尻のポイントから5ミリ程度外側へ、
スーッと自然に細くしてとめる。


【4】ライン幅の基本は、目を開けて少し見える程度。

ただし、一重や奥二重まぶたの場合は無理に太くせず、
目尻側の強調して。



いかがですか?
自分のラインがまぶたの上にイメージできましたか?

基本のラインが確認できたら、
早速リキッドアイライナーを手に持って。

2種類のラインを練習してみましょう。


[黒ハート]ドレスアップに最適! 「見せる」アイラインの描き方

夜のデートやちょっぴり気取ったディナーなど、
ドレスアップのメイクに欠かせないのが、
「見せる」リキッドラインの効果。

まぶたは閉じ気味にしながら、
ライナーは正面少し上方から。

まつげの上から描く方法です。
次のステップに沿って、早速練習してみましょう。



【1】まずは目尻からスタート。
いきなり目頭から描きはじめると、
勢い余って目尻部分では基本ラインから
それてしまうことが。

トメの部分である目尻のラインからはじめましょう。

ライナーを持っていないほうの指を当て、
外側の方向に少し引っ張るようにするのがコツ。

まぶたを閉じ気味にして、
目尻からまぶた中央に向けてゆっくり描いて。


【2】次に目頭からひといきに。
目尻のラインが決まったら、【1】と同じようにまぶたを引っ張ったまま、
目頭から一気にラインを引きます。

リキッドの場合、
ラインの上部のエッジをきれいに仕上げるには、
思い切って一筆で描いたほうが上手くいくのです。

ライナーを持った腕は、
机に肘をつくなどして固定するのも成功の秘訣。


【3】目尻部分は力を抜いて仕上げ。
大まかなラインが完成したら、
ライナーを少し下からあてるようにして、
まつげの隙間を埋めていきます。

目尻部分は無理にハネ上げず、筆先に残った液で、
外側にスーッと5ミリ程度のばして。

腕の力を抜くのがポイント。


【4】下まぶたにシャドウを入れてバランスを。

上まぶたのラインの迫力とバランスをとるために、
仕上げに下まぶたの目尻側1/3程度に
細くシャドウを入れれば完成。



「見せる」リキッドライン成功の秘訣は、
なにより「思い切り」


最初は失敗しても、
何度か練習すれば必ず上手く描けるようになります。

失敗した場合は、
綿棒に目元用リムーバーを含ませたもので
やさしく拭き取ればOKです。

まだまだ続きます^^後半は広告の下から^0^
「スポンサーリンク」



ナチュラル派におすすめ!「隠す」アイラインの描き方

「アイラインで目元の印象アップはしたいけれど、
インパクトのある仕上がりはちょっと……」
という方におすすめなのが、「隠す」ライン。


目は開けたまま、ライナーを下からあてて、
まつげの下から描くインサイドラインです。


まつげの生え際ラインから上にははみ出ないので、
仕上がりはごく自然。
なのに瞳の印象はアップするという、
便利なテクニックです。



【1】上まぶたを持ち上げるようにして描いて。

下図の青い×印のあたりに指をあてて、
少しおさえるようにしながら
上方向に引っ張ってください。
まゆと目の間.jpg
まつげの生え際(=まぶたの際)のラインが、
まつげの下から見えるようになりますね。

ココが「隠す」ラインを入れる場所です。


【2】内側に入らないように毛先を使用。

ライナーをまつげの下からあててラインを描きますが、
この際、
内側の粘膜の部分にラインが入らないように注意。

リキッドの筆先を細く使って、
ごく細いラインを描けばOKです。


【3】まつげの上側のはみ出しはオフ。

仕上げに綿棒や折りたたんだコットンなどを使って、
まつげの上側を拭き取ります。

このひと手間で、上にはみ出したラインも残らず、
より自然に仕上がるのです。



いかがでしたでしょうか?

とにかく練習あるのみですよ!
それではお互いがんばりましょう[黒ハート]
「スポンサーリンク」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。